◆ 内部被曝通信 福島・浜通りから ◆

《8》 除染による内部被曝のリスクは? 2012年4月28日

いま、あちこちで除染が行われています。その除染による内部被曝のリスクはいかほどなのか。除染には多くの方が携わっているのですが、気にしていらっしゃることだと思います。

除染活動に従事していらっしゃるボランティアの方々を対象に、南相馬市立総合病院でホールボディーカウンターによる計測を行いました。今回は、この計測結果をまとめた中間報告をご紹介したいと思います。

南相馬市で除染活動に従事していらっしゃる約40人の成人(平均年齢48歳)に対して、ホールボディーカウンターによる計測と、どれくらいの時間、どのような除染活動に従事していらっしゃったのかをお聞きしました。

除染による内部被曝を正確に導くため、理想的には除染をする直前と直後で計測させていただき、その差を見るのが良いのかと思います。しかしながら今回それは出来ておらず、以前除染活動に従事していらっしゃった方々を対象として計測しています。

結論から申し上げると、除染に従事している方々の体内のセシウム量は、除染をしていない成人に比べ「桁違いに多い」ということはありませんでした。年齢、性別、検査をした時期によって体内のセシウム量は大きく影響を受けます。原発事故直後の吸入量が人により異なりますし、その後の食生活も異なります。

検診者の背景がバラバラであるため、除染をした人が、除染をしていない大人に比べて、「高かった」または「高くはなかった」を明確に言うのは困難です。それで、「明らかに高い訳ではない」というぐらいの表現で止めます。

検出された値は、セシウム137で(数千ではなく)数百Bq/bodyばかりでした。検出者の中央値は約500Bq/bodyで、1000Bq/bodyを超えた人はいませんでした。そして5回以上除染に従事している方の約半数が検出限界以下でした。

しかしながら、同時期の除染に従事していない成人のセシウム検出率が約10%に対して、除染に従事している方々の検出限界以上のセシウム検出率は40%程度でしたので、(従事していない成人の背景はかなり異なるのですが)やや被ばく量が除染従事者で多いと言うことも出来ます。

除染活動が、余分な内部被曝を引き起こすことは間違いないと思います。ですが、少なくとも除染を数回行っている方々の計測値が、この時期に検出されると思われるセシウムの値から大きく外れてはいないというのが率直な印象です。もちろん、除染での被曝は少ないからどれだけやっても問題ないという話しではありません。

最後に、今回の検査と同時に除染時にどのような服装で行っているのかを聞いた結果を紹介します。

驚いたことに、約半数の方々がマスクをつけていないことがあると答えました。私も夏に何度か除染活動に参加しました。めちゃくちゃ暑くて、熱中症の危険性が明らかにあり、常時長袖をしっかり着てマスクをし、作業するのは厳しいと感じました。

このような状況も勘案し、除染を定期的に行う方々には、しっかり内部被曝の検査を行っていきたいと考えています。



→アーカイブ一覧へ